35歳からの中二病エンジニア

技術や時事ネタ、鉄道・社寺巡礼など趣味の話を綴ります。

ブログとQiitaの使い分け

ブログとQiitaに同じ内容の記事が上がっているのを見るとティム・バーナーズ=リーにジャンピング土下座させたくなるaikawameです。ごきげんよう

はじめに

僕はQiitaアカウントも持っているのだけれども、ブログを始めてみてどちらにどんな記事を投稿するのかを決めておかないと後々面倒だと思ったので、まとめておく。

Qiitaに書くこと

Qiitaは、プログラミングに関する知識を記録・共有するためのサービスです。

とあるように、Qiitaはその目的を明確に定義している。なので、まずはQiitaに書くことを整理してみる。

プログラミングや周辺技術に関する知見

  • プログラミング
  • インフラ技術
  • 開発に役立つツール

ブログに書くこと

一方で、ブログに書くことは早い話がQiitaに書くこと以外の全てとなるが、一応整理してみる。

技術的でない記事

  • 鉄道
  • 社寺巡礼
  • アニメ・ゲーム等
  • その他趣味など

このあたりは考えるまでもない。

プログラミングには関係の無い(薄い)技術的な記事

このあたりは若干プログラミングも絡んできそうだけれども、プログラミングが主でなければ全てブログに書く。

プログラミングに関係はあるが知識ではない記事

  • 作ってみた
  • 書評
  • ポエム

作ってみた系は若干ややこしくなりそう。成果物についての説明はブログに、その途中で得た知見は切り出してQiitaに書くのが良さそうかな。

結論

  • 知見はQiitaへ
  • 主張はブログへ

蛇足

  • ブログとQiitaに同じ内容を投稿するのは技術者としてあるまじき行為なので絶許。
  • Qiitaにブログへの踏み台記事を投稿するのは人としてあるまじき行為なので絶許。