35歳からの中二病エンジニア

技術や時事ネタ、鉄道・社寺巡礼など趣味の話を綴ります。

チラシお断りシールは破邪の護符かもしれない

僕は東京都心の割と大きめのマンションに住んでいるのだけれども、毎日のように要らないチラシがポストに入ってくる。メールボックスの入り口にでかでかとチラシ投函禁止の掲示があるにも関わらずだ。

いい加減に辟易してきたので、何とかならないものかとネット上を彷徨っていた所に、チラシお断りステッカーを自宅のポストにも貼ると効果があるという記事を幾つか見付けた。

正直、そんなステッカー1枚でどうにかなるものかと眉唾だったけれども、別に高価なものでもないし、お守り程度の意味合いで買ってみても良いかと、下のステッカーをポチってみた。

さて、効果は如何ほどかと思いつつ、経過を見守ること1週間。

チラシが全く入らなくなった!!!!

今まで10年近く都内のマンションに住んでいて、1週間チラシが1枚も入ってこなかったことは一度たりとも無かったので、これは凄いことだ。ただでさえ年の瀬というのはチラシが多い時期なのに、これは本物かもしれない。

まだ1週間なので、もう暫く様子を見ないことには確実に本物とは言い切れないけれども、少なくとも効果は大いにあったと思いたい。

蛇足

ちなみに、ステッカーの文言が商品によって微妙に違って、雑に分類すると以下のような感じになる。

  • 単に「チラシお断り」とだけ書かれたもの
  • 「チラシお断り」に加えて「(警察に)通報します」と書かれたもの
  • 「チラシお断り」に加えて「記載の電話番号に連絡します」と書かれたもの

一見すると「通報します」が強そうだけれども、実際通報するなら警察と広告主、どっちが困るだろうと考えると、面倒事を避けたがるのは恐らく広告主だろう。警察は下手をするとまともに取り合ってくれないかもしれない。

全部を試したり、手製のステッカーと比べたりとかも面白そうではあるけれども、さすがにそこまでやるほど暇でもないので、とりあえずは今の所効果覿面ということで。うざいチラシに日々悶々としている方は、お守りを頂くくらいの感覚で試しに買ってみると、幸せになれるかもしれない。

※本記事は効果を保証するものではありません(一応お約束ということで)