35歳からの中二病エンジニア

技術や時事ネタ、鉄道・社寺巡礼など趣味の話を綴ります。

今期完走したアニメ達 2018夏

少し遅くなったけれども、いつものやつ。今期は第1話視聴数が極端に少なかったけれども、全作品完走するという極端な結果になった。ちなみに、全て原作未読・未プレイ。

天狼 Sirius the Jaeger

sirius-the-jaeger.com

吸血鬼物はそんなに好みではないけれども、舞台が昭和初期の日本というので興味を持った。さすがのPA品質で、当時の雰囲気が良く出ていた。あと、2クール分あっても良さそうな物語を12話に凝縮したことで、非常にテンポが良い。もっと掘り下げて欲しいとも思ったけれども、綺麗に終わったので満足だった。

はたらく細胞

hataraku-saibou.com

声優の熱演を楽しむ作品。僕は話が面白くないとすぐに切ってしまうタチだけれども、それ以上にはなざーさんのギャン叫びと喜久子お姉さんの笑顔で殺戮する姿が尊かったので完走してしまった。ついでにちょっと為になるということで、話は単調だけれども骨太の佳作だった。

あそびあそばせ

asobiasobase.com

事前情報無しに観たので今期の百合枠来た!と思ったら思いっきりOP詐欺だった。でも、ギャグセンスがツボにハマったのでかなり爆笑できた。かなりお下劣なので、観る人を選ぶとは思うけれども…。一見委員長キャラっぽい香純が実は最高にクレイジーなのが酷い(褒)。

アンゴルモア 元寇合戦記

元寇時の対馬が舞台というどマイナーな所を突いてきた作品。なので史実を交えつつも大半はフィクションなのだけれども、ヒロインが若干色ボケ気味なのを除けば硬派な大河ドラマに仕上がっている。うまく行かなっいっぷりを描くのに定評のある三谷幸喜作品から喜劇部分を抜いたらこうなるのかな、という感じ。

Back Street Girls -ゴクドルズ-

制作陣も認める紙芝居なので、これをアニメとして評価するのはどうなのか…という気もするけれども、それが気にならないくらいの勢いはあった。あと、紙芝居のくせにやたらと曲には力が入っている。これも観る人を選ぶ作品ではあるけれども、ヒナまつりがいけるクチならば楽しめそう。

シュタインズ・ゲート ゼロ

前作が傑作中の傑作なので、期待値が上がりすぎた可哀想な作品。あと、如何せん尺が足りなさすぎて、色々と伏線が回収し切れていない感があったのは残念。それでもシュタインズゲート世界線への繋げ方が美しかったので、前作から連なる物語として成立していたのは良かったと思う。

殿堂入り:新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION

www.shinkalion.com

最早欄外にしないとやっていられないやつ。別格。とにかく観るべし!としか言い様が無い。

おわりに

今期は1話時点から天狼が来るだろうと思っていたけれども、そのまま最後まで突っ走った。その他も完走した作品はどれも甲乙付けがたい佳作だったので、観た作品数は少ないながらも充実した3ヶ月だった。一方で、来期は気になる作品が多いので、既に録画数がやばいことになっている…。